ボルダリングに行ってみた 2018年10月

ボルダリングはテレビで見たり、玄関前にボルダリングの壁を作っている家が近所にあったりして、「おもしろそうだなー」と気になっていました。ある日、買い物帰りに偶然クライミングジムの前を通りかかり、「こんなところにボルダリングのジムがあるとは!」と自分もやってみたくなりました。

f:id:shimaebi:20181029184019j:plain

一回目・初心者体験会に行ってみる

ボルダリングについては「壁にたくさん付いているカラフルな石(ホールド)を登ればいいのかな」ぐらいのイメージで、知識は全くありませんでした。ありがたいことに初心者体験会があったので、ルールや注意点などを教えてもらいました。

ホールドはどれを使ってもいいわけではなく、グレードごとに決められた色のテープが貼ってあり、そこだけを使って登ります。スタートとゴールも決められています。最初はそこのジムで一番簡単な8級を登ってみました。怖いし結構難しいですが、ゴールまで登ると全身から汗が吹き出し、すごく達成感があって楽しいです。翌日は主に上半身が筋肉痛になりました。感覚を忘れてしまわないよう、週に一度くらいは行こうかなと思いました。

二回目・ホールドにぶつけて怪我をした時の対策を考える

ボルダリングの壁は4mくらいと結構な高さがあり、登るのも怖いですが降りるのもなかなか怖く、「登れるけど降りられない!」と思うことが何度かありました。ある程度下の方まで降りてから着地するようにしていましたが、「どう考えてもこれ以上降りられない」という時は、思い切って飛び降りて両足で着地するようにしました。怖いですが、下には厚さ30㎝ほどのマットが敷いてあるので痛くはありません。

膝丈のハーフパンツで登っていたら、脛にあちこちアザができていました。アザだけならまだ良いのですが、落ちる時にホールドに脛をぶつけて擦りむいてしまいました。かさぶたになって3〜4日経っても痛みがあります。こんな時は怪我をしてすぐにキズパワーパッドを貼ると、早く治って跡も残りずらいそうです。怪我の予防のために、アウトドア系のお店に長めの丈のパンツを買いに行きました。

一方で、ホールドで擦りむいたと思われる、腕から血を流している男性がスタッフさんに課題の登り方を相談している姿が見られました。二人とも出血には触れずに淡々と課題について話し合っているのが印象的でした。

三回目・土日は混むがいいこともある

日曜だし混んでるかなーと思いながらジムを覗いてみると、やはり人でびっしりです。壁が空くまで結構待ちそうだし、あまり登れないかもしれません。

前回より一段階難しい7級の課題に挑戦してみました。右足の置き場と思われるホールドが、スタートの手の位置からかなり離れている上に高い位置にあったりして、スタートから心が折れそうです。なんとか途中まで登りましたが、どうしても先に進めない箇所があります。ベンチに座って壁を眺めていると、ベテランぽい男性がそのコースを登りはじめました。「そこにもホールドがあったんだ」「そこからはそう行くんだ」と発見があり、後で真似して登ってみると、なんとか登ることができました。土日は混みますが、他の人が登っているのを見ることができたりして、いいこともあるなと思いました。 

四回目・手首が痛くなったのでちょっと休む

平日の開店直後に行ってみると、人も少なくて登り放題な感じでした。4時間くらい7級の課題を登ったり登れなかったりしていると、だんだん利き手の手首が痛くなってきました。小指側が痛く、重い物を持った時や手首をひねると痛みがあります。湿布を貼って様子を見ていたのですが、翌日になってもまだ痛みが残っています。次の休みにも行きたかったのですが、一週間くらい休んで様子をみることにしました。あまり良くならないようなら整形外科に行ってみようと思います。

おまけ・通販で購入したチョークバッグとチョークボールが届いた

f:id:shimaebi:20181029210313j:plain

チョークバッグは毎回レンタルしていましたが、自分用のが欲しいと思い「チョークバッグ かわいい」で検索したところ「エイトビープラス」というメーカーがヒットしました。他にも種類が色々あり、ジムでも実際に見かけました。チョークボールは「ミミちゃんチョークボール」という商品名で、チョークの詰め替えもできます。かえるの編み目の隙間から粉が出てきます。早く手首を治してこれを持ってジムに行きたいです。

札幌駅・大通の宿 Yahoo!トラベル

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ